ベビーモデルの応募情報をチェックする日々

私は妊娠中、切迫流産、切迫早産で悩みました。

第一子がお腹にいる間は義理の両親と同居していたので、ことさら知らず知らずのうちに無理することが多かったのでした。思い返してみれば同居していた義理の両親に気を使いすぎていたのだと思います。
義理の両親が高齢なのは言わずもがなですが、気を使うだけではなく、代わりに買い物をしてもらったりなど協力を仰げば良かったのかもしれません。下の子は切迫早産となり緊急帝王切開を実行、産まれたものの1日で亡くさなければいけなかったという口惜しさは未だに消えません。
夫のご両親と同居される方には遠慮ばかりしないようにして頂きたいです。無事に安産を迎えられるよう、どんどん手伝ってもらいましょう。妊娠している間一番大事なことはストレスを抱えず穏やかに過ごすことです。しかしつわりで暗い気分になったり、体が思うようにいかず苛立ってしまいがちです。そんな気分を上げるために、好きなものを食べに行ったり、赤ちゃんの物を見にショッピングに行ったり、お天気の日は散歩がてら外出したり体に負担が掛からぬ程度に外出して気分転換することがよいです。妊娠初期の症状のつわりにより、食べることが難しい人がいると思う。しかし栄養を取らなければ、お腹の中の赤ちゃんは育たないので、おじややゼリーなど受け付けるものを食べれればいいと思う。
食べ物が食べれなくても水の摂取はとても大切である。つわりがないからと赤ちゃんの分までも食べれるといい食べ過ぎるのもよくない。
妊娠高血圧症、妊娠糖尿病に罹患する可能性もある。

栄養バランスよく食べることが大事であり、また調子がいい時は散歩などの適度な運動をすることが妊娠中に大事である。
切迫早産の可能性があるため入院した場合、常に安静にする必要があります。
24時間点滴をし、食事・シャワー・トイレの他はずっとベッドで生活します。この点滴(ウテメリン)には副作用が報告されており、手の震え・動悸・息切れがひどかったです。やがて体は慣れるのですが…。
入院している間は本当に暇なので、絵を描いたり、編み物や大人向けのパズルなどで気を紛らわせていました。
大好きな人との子供って非常に嬉しいですよね。

妊娠が発覚したときは即旦那に伝えましたしかしこの後おそってくる悪阻はとても辛いものでした…。私は起床したら既に気持ちが悪くてトイレで吐き、軽く朝食を摂るとまた吐き気に襲われました。

日中はそのままずっとベッドの上。夕方になると何度も吐きながら主人の夕食の為に台所に立ち、必死の思いでつくりました。
ピーク時は全く作れませんでしたが…。
ですが安心してください、必ず終わりは来るので可愛い赤ちゃんのためにも頑張って堪えましょう。切迫早産になり私が特に注意していた事は、体温を下げないことです。

暑い夏でも必ず靴下を履き、足首を触ってみて冷たければレッグウォーマーも履いていました。

当然、素足にサンダルは厳禁です。
寒い冬には腰にカイロを貼って、足先にもカイロを使っていました。夏によく冷えた飲み物が飲みたくなっても常温の飲み物や、暖かい飲み物ばかり飲んでいました。妊娠している間は甘味を口にしたくなります。
実際のところ、それまで見向きもしなかった大福やあんみつが毎日のように食べたくなりました。

しかし体重維持も大切です。

少し運動してから間食するようにしていました。体重維持と安産を実現するために一日一万歩の目標を持って歩いていました。

ただ歩きすぎも早産などのリスクを高めてしまうので、無理はしてはいけません。友人から、妊娠すると妊娠線が出ることを聞き、怖くて諸々調べてみました。

第一に保湿が大切とわかったので、安定期を過ぎてから毎日保湿クリームを塗り続けていました。一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。

結局出産するまでに何個の保湿クリームを使い切ったか分かりません。
自分の好きな香りのボディクリームを使うことでリラックス効果もありました。

そのおかげか、二人出産したにもかかわらず妊娠線は出ていません。
妊娠している間はホルモンバランスの関係で、精神的に不安定になりやすく、定期的なリラックスタイムが必要です。しかし、運動や食事は妊婦さんにとって気を付けなければならない点が多く、結構大変ですよね。

例えば、家での映画鑑賞や読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

出産前に教養を付けておくと将来赤ちゃんにいろんなことを教えるために有効です。

肩肘張らずにトライしてみませんか。

妊娠中は刺激に過敏な体質になりますが、お肌も例外ではありません。ウォーキングやお散歩など適度な運動は必要なことですが、日焼け対策に気を使いましょう。妊娠前の日焼け止めが肌に合わなくなり肌が荒れてしまうことがあります。ベビーモデルの募集をチェック
そんな時には赤ちゃんでも使用可能な日焼け止めをぜひ試してください。

日傘・帽子・アームカバーなど最近は豊富に出回っている日焼け止めアイテムも揃えてお出掛けしましょう。